価格帯を比較して選ぶ動画制作の会社の特徴

動画制作の会社は有名無名大小合わせて数々あります。実績や機材、提案力と選ぶための理由はいろいろありあすが、価格も特徴のひとつとなります。低価格で作成した画像に質は求めないという方もいますが、実はそうではなく、低価格でも予算以上の企画力があれば驚くような映像を撮影できることもあります。映画はわかりやすい例です。CG、役者、効果に莫大な予算をかけ、広告費も出して世界中に宣伝すれば多くの方が観にきてくれます。しかし低予算で作成され、最初は小劇場でひっそり上映していたものが、口コミで大ヒットし、観てみれば予算など、全く意識されない企画と映像になっていた、という話は時折聞く話です。逆を語れば、低価格の映像を比較してみれば、その会社のお金にだけ頼らないセンスが見えるということです。それはつまりお金をかければさらに良いものを作ってくれる可能性を秘めているのです。

動画制作の良し悪しと一緒に営業のレスポンスも選ぶポイント

動画制作の会社を探すポイントとして実績、機材、提案力、そして費用の提示、スケジュール管理と、実際の映像を作る部分と、そうでない部分どちらも大切な要素となってきます。実績は各社がサイトなどでアピールをしており、実際に作成された映像を流している事もあります。CGやアニメーション、効果や企画力はそこから確認することができます。ただスケジュール管理と価格は実際に話をして見積もりを出してもらう必要があります。初めて広告を外部に委託する時、数社から見積もりをとり、話を聞く必要は当然でてきます。そこで決め手の一つになるのが営業さんの対応です。こちらにわかるように話しをしてくれる態度や求めている情報を早いレスポンスで返してくれる態度、このような営業がいる会社には当然好感を持つことが多いです。

動画制作は美しさよりも対外的な効果を考える

価格を公表しているサイトは多く、作品を公表しているサイトも多いです。そこをよく見てみると、映像を作るだけの会社、アニメやCGに特化した会社、広告の配信までする会社、マーケティングにも協力してくれる会社と、いろいろなものが見えてきます。動画は現在あらゆる形で配信されますので、適した形での配信が必要となります。SNS内に配信するものと、映画の予告で配信するものが全く同じということはなく、短縮版となっている、映像フォーマットの違い、そもそも解像度や大きさの変更など、いろいろと変更を求められます。どこに配信すれば効果があるのか、どのように配信できるのかを提案してくれる、そのような会社を選ぶことでより効果的な広告を作ることができます。動画は難解な点が多いですが、シンプルに広告である事は忘れないで欲しい点であります。