条件を絞ってみると探しやすい動画制作の会社

動画制作をする際には明確にその案件に対して決めておくことが大事です。一つ目はやはり価格です。どれだけの予算を見ているのか、どれだけまでは出せるのかといった費用感の認識もすり合わせることが大事です。お互いの認識をしっかり合わせた精度の高い見積もりを確認することで、その後の金銭トラブルをなくしたりすることができます。次に企画です。どういった目的でどういったイメージでどのような動画にするのか、再生媒体はなんなのか。イメージをしっかり伝えることでより良い提案を受けることができ、仕上がりにおけるトラブルを避けられます。そのために提案依頼書を作成しましょう。提案依頼書には会社概念や動画制作の背景・目的、イメージ、ターゲット、予算、を明記します。特にイメージを伝えるときはできるだけ具体的な方が伝わりやすいので、参考動画なども伝えるといいでしょう。

賢く動画制作会社を探すには検索、比較がオススメ

動画制作会社を探す方法としては一番ポピュラーな方法はやはりインターネット検索です。ただ検索数はかなり多く、そこから一つに絞るのは大変です。キーワードによって数に変化はあるものの1000万件以上の検索結果から絞るのは気の遠くなる話ですので比較サイトの利用をおすすめします。一括で見積もりが簡単に取れますので活用するともう少し簡単に決められるかもしれません。それでも面倒と感じるのであれば、実績の多い会社を選ぶのもいいと思います。実績の多い会社を調べる際は、動画再生メディアに応じての制作会社の選択をすることで、それぞれに対応した強みがあります。テレビ/CM系の会社やWEB映像系、クラウド系と主に三種類の分類があると思います。会社を検索する際にはやはり提案依頼書を作成し、その要望に沿った会社を選びましょう。

動画制作会社を選ぶ4つのポイント

選ぶ際に重要になってくるポイントが4つあります。一つは得意分野、テレビCMが得意なのか、ドキュメンタリーが得意なのか動画制作会社各社で得意とする分野が変わってきます。それを判断するのが次に、事例です。今までどういった動画を実際に制作してきたのか過去の事例を見るとその会社の実力がわかります。事例を確認し、技術力や応用力をしっかり把握しましょう。得意分野、事例を確認できたら提案力があるかの判断です。動画を制作して、その後の活用方法の提案ができる会社なのか、それとも制作のみを行う会社なのか、しっかりと見極めましょう。最後はやはり料金です。WEBサイトで料金が表示されている場合、料金内に含まれている項目を確認しましょう。会社によっては、本来料金の内の作業の項目がオプションになっている可能性もありますのでしっかり確認することが大事です。